英語はいつから世界共通語になった?歴史から見えてくるもの。

英語はいつから世界共通語になった?

英語が世界共通語となった経緯、その歴史について考えたことはありますか?

実はこの現象は、ある特定の時期に転換したわけではなく、数世紀の間に徐々に形成されたものなのです。

英語が現在のように広く使われるようになるまでの歴史を辿り、その理由を探ることは、私たち現代人にとって非常に興味深い話題であると思います。

この記事を通して、たくさんの知識やエピソードを紹介しながら、皆さんと一緒に英語がいつから世界共通語になったのか、そしてどうしてその地位に至ったのかを歴史から見ていきたいと思います。

ではさっそく、英語の歴史の旅に出発しましょう!

目次

インド・ヨーロッパ祖語から派生したゲルマン語派

インド・ヨーロッパ祖語は、紀元前4000年頃にウクライナ周辺で話されていた言語です。

数千年かけて西のヨーロッパから東のインドへ広がり、さまざまな言語に枝分かれしました。

その中の一つ、ゲルマン語派は、英語やドイツ語、オランダ語などの発祥となりました。

現代では、インド・ヨーロッパ語族が世界的に用いられており、幅広い共通性が見られます。

ゲルマン語派から分岐した英語の歴史

英語はゲルマン語派から派生した言語で、1000年以上の変化により現在の姿となっています。

インド・ヨーロッパ祖語がゲルマン語派へと広がり、後に英語やドイツ語といった言語が誕生しました。

その後、英語はアングロ・サクソン人やノルマン人がイギリス諸島に移住した際に大きく影響を受けました。

さらなる発展を遂げた英語は、現代では世界共通語としての地位を確立しています。 

イギリス英語とアメリカ英語の違い
画像引用元:Adobe Stock

英語が世界的な影響力を持った背景

英語が世界共通語になった背景は、イギリス帝国の拡大とアメリカの影響力の強まりによるものです。

イギリスは19世紀に世界中で植民地を築き、文化や言語を広めました。

また、20世紀にアメリカが経済大国として台頭し、世界中でビジネスや文化が英語を採用するようになりました。

さらに、映画や音楽、インターネットなど、英語圏の情報が世界中に広まることで、英語学習への関心が高まり、普及が進んだのです。

これらの要因が英語の地位を確立させ、現在に至っています。

英語
画像引用元:Adobe Stock

ネイティブスピーカーの数が飛躍的に増加した背景

英語が世界共通語となる過程で、ネイティブスピーカーの数が飛躍的に増加した背景も興味深いポイントです。

英語人口の増加は、主にイギリスの植民地拡大やアメリカ合衆国の経済的・政治的影響力の拡大によります。

これらの国家が世界規模で発展することにより、他国でも英語を学ぶ機会が増えました。

さらに、今日ではイギリスだけでなく、アメリカやカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど多くの国が英語を母国語とし、その言語圏が広がっています。

このような状況が、英語学習者やネイティブスピーカーの数を増やす大きな要因となっているのです。

インターネットやSNSの発展が英語の普及に与えた影響

インターネットやSNSの発展は、英語の普及に大きな影響を与えています。

これにより、世界中の人々がオンライン上で簡単につながり、コミュニケーションを行うことができるようになりました。

英語は共通語として扱われることが多く、多くの情報や文化が英語で共有されています。

これにより、英語を話すことが必要な状況が増え、英語の学習が益々重要になってきています。

インターネットやSNSが提供する情報は、英語で表現されることが多いため、英語を理解する能力が求められています。

また、オンライン上で英語を学ぶ機会も増え、英語学習が一層手軽になっています。

このように、インターネットやSNSの発展は、英語普及に大きく寄与していると言えるでしょう。 

まとめ

今回は英語が世界共通語になったのはいつから?という点に注目してみました。

歴史的な背景を元に、イギリスとアメリカの発展が英語が世界共通語に大きく影響しているようですね。

AIや翻訳の精度が向上していくとはいえ、英語はまだまだ必要な言語のようですね。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

カツのアバター

カツ

サイト運営者のカツです。私は2017年9月からフリーランスとして活動しています。主に、Webサイト制作やデザインのお仕事などを行っています。

目次