プログラミングに英語は必要?プログラミングと英語の関係性と必要な英語力

プログラマー

今回は、プログラマーを目指す人にとって、英語の重要性と必要な英語力についてご紹介します。

実は、プログラミングに英語力は非常に重要な役割を担っています。

その理由や実際の場面での必要な英語力も紹介していきます。

プログラム言語だけではなく、英語を学ぶことでその分野で大きく成長することができます。

Youtubeで当記事の要約ショート動画が見れます!

動画引用元:Youtube カツチャンネル 動画音声作成:Voice By ondoku3.com
目次

プログラミングにおける英語の必要性とは?

プログラミングにおける英語の必要性は高いです。

プログラミング言語は基本的に英語で書かれているため、英語が読めないとプログラムを理解できない可能性があります。

また、エラー文などの情報も英語で表示されることが多いため、英語力があると問題解決がスムーズにできる。

さらに、最近の企業では英語力を求める傾向があるため、就職活動でのアピールポイントにもなる。

英語が苦手でもプログラミングは始められるが、英語力を高めることでプログラマーとしての可能性を広げることができる。

・プログラミング言語は基本的に英語で書かれている

・エラー文などの情報も英語で表示されることが多い

特にエラー文は、多くの方がエラー文の英文を都度Google翻訳などで日本語にして内容を確認しています。

このGoogle翻訳ですが、全てを日本語翻訳にしてしまいます。

エラー文の中には、そこは翻訳してしまうとおかしい!という英語も含まれているので、知識が無い方から見ると、日本語になっても理解できないことが結構あります。

プログラマーになるために必要な英語力とは?

プログラマーになるために必要な英語力は、基本的には英語を読むことができる程度で十分です。

プログラミングにおいては、多くの場合英語で書かれたマニュアルやドキュメントを読む必要があるため、読解力が必要になります。

また、海外の顧客とのコミュニケーションや、開発者間のコラボレーションにおいても英語を用いることが多く、その場合にも英語の聴解・発信能力が必要になるかもしれません。

ただし、特に海外に出向くことがない場合は、必須というわけではありません。

英語が苦手な場合でも、プログラミング自体は始められるため、まずはプログラミングの基礎を身につけることが大切です。

しかし、今後ますますグローバルな環境が求められるようになるため、英語力を高めることは将来的に有用であることは間違いありません。

プログラミング
画像引用元:Adobe Stock

英語が苦手でもプログラミングは始められる?

英語が苦手でも、プログラミングを始めることは可能です。

確かに、プログラミングでは英語がよく使われるため、英語ができるほうが学習が捗ると言えますが、中学校で習う程度の英単語が理解できれば十分です。

英語が苦手な方でも、英単語の意味を調べながらプログラミングを学ぶことができます。

プログラムで使われる英語は、日常会話やテキストなど異なる英語力が求められる場合とは異なり、文法や語彙のレベルはそれほど高くないため、英語が苦手でもプログラミングを始めることは可能です。

英語力を高めることで得られるメリットとは?

プログラミングにおいて、英語力を高めることには多くのメリットがあります。

まず、英語ができることで、世界中の人々との交流がスムーズになります。

また、英語ができることで、海外の最新技術や情報にアクセスすることができ、自分自身のスキルアップに繋がります。

特にこの最新技術や情報をという点はかなり重要です。

現代では、IT・Web関連の最新は全て海外(アメリカやインドやヨーロッパ)からと言ってもいいほど、英語圏内の企業や開発者から始まっています。

さらに、英語力を高めることで、グローバルな視野を持ち、世界中のクライアントやパートナーとのビジネスを展開することができます。

英語力を高めることで、自己表現力が向上し、自信を深めることができます。

そして、英語力があることが、求人企業にとっても魅力的であり、自身のキャリアアップにも繋がることがあります。

プログラミング学習においても、英語力は重要な要素であり、英語力を高めることは、プログラマーとしての成長に必要不可欠なことです。

プログラミング
画像引用元:Adobe Stock

英語ができるとエンジニアとしての可能性が広がる理由とは?

英語ができると、エンジニアとしての可能性が広がります。

外資系企業や海外に進出して活躍する機会が増えるだけでなく、グローバルな視野を持つことができます。

また、最新技術や情報を手軽にキャッチアップできるため、競争力を高めることができます。

企業によっては、英語のコミュニケーションに必要なレベルや、TOEICのスコアが応募条件として記載されていることもあります。

技術力だけでなく、コミュニケーション能力も求められる現代では、英語力は必須スキルと言えます。

英語を学び、エンジニアとしての可能性を最大限に広げましょう。

プログラマーにおける英語の実際的な使用頻度は?

プログラマーにおける英語の実際的な使用頻度は非常に高いです。

コードの書き方や開発環境のセッティングなどのマニュアルが英語で書かれていることが多いため、それを読解する必要があるからです。

また、グローバルな視野を持っているエンジニアであることが重要な時代になってきており、英語を理解できることで海外の情報や最新技術にアクセスしやすくなります。

さらに、グローバルなプロジェクトに参加する場合は英語でのコミュニケーションも必要になってくるため、英語力は非常に重要です。

しかし、英語が苦手であってもプログラミングができることは事実であり、そのような場合でも補完的に英語学習をすることでスキルアップに繋がることがあります。

プログラミングにおける英語学習の重要性と今後の必要性とは?

プログラミングにおける英語学習の重要性はますます高まっています。

現在、グローバル化が進む中、海外との取引量が増加し、英語力はますます重要視されるようになっています。

また、IT業界においても、英語が使用言語になっていることが多く、英語力を持つことはますます必要不可欠な要素となっています。

将来のキャリアアップや海外への進出などを考えると、英語を学ぶことは非常に重要です。

プログラマーにとっても、プログラムのコードが英文で書かれているため、英語力は仕事を円滑に進めるために必要不可欠なスキルとなります。

英語力を身につけることで、スキルアップにつながり、将来的なキャリアアップに繋がるでしょう。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

カツのアバター

カツ

サイト運営者のカツです。私は2017年9月からフリーランスとして活動しています。主に、Webサイト制作やデザインのお仕事などを行っています。

目次