英語のルーツとは。由来や日本に入ってきた時代はいつ?

英語

英語と聞くと、世界中で広く使用されている言語の一つとして思い浮かびます。

しかし、そのルーツや由来についてはあまり知られていない方も多いのではないでしょうか?

今回のブログでは、英語の由来や日本への入り方について深掘りしてみたいと思います。

英文学や英語講座などで学んだことがある方も、初めて聞くような情報が含まれているかもしれません。

ぜひ最後まで読み進め、英語に対する理解を深めてみてください。

Youtubeで当記事の要約ショート動画が見れます!

動画引用元:Youtube カツチャンネル 動画音声作成:Voice By ondoku3.com
目次

英語のルーツとは?

英語は、広範囲に及ぶ言語の影響を受けて発展してきました。

そのルーツは、ゲルマン語やノルド語の文法的な基盤やフランス語、ラテン語からの借用語が混ざり合って形成されました。

母音の圧倒的な調和と混合も、英語の発音や韻律に大きな影響を与えました。

日本に英語が入ってきた時代も古く、ジョン・萬次郎のように英語学習に携わった人々が交流言語として取り入れていたこともわかります。

今や英語は、世界中で広く使用される共通語となっており、そのルーツを知ることで、より深く理解することができます。

英語
画像引用元:Adobe Stock

英語の由来について知ろう。

英語の由来について知ろう。

英語は、古代ゲルマン語に由来し、ローマ帝国の支配下にあった頃からラテン語など他の言語の影響を受け、今日の現代英語が形作られました。

また、中世にはノルマン人のフランス語も影響を与えたとされています。

日本に英語が入ってきたのは、幕末から明治時代にかけての西洋文化の入り口とともに始まりました。

英語が普及するにつれ、日本人にとって英語を楽しむことや、海外との交流が身近になっていく中、英語習得への意欲が高まったのでした。

今では英語は、ビジネスや観光など、様々な場面で必要不可欠な言語となっています。

日本に英語が入ってきた時代とは。

「日本に英語が入ってきた時代とは。」

英語は、1325年にモンゴル帝国の使節が来日し、それ以降、交易や文化交流などを通じて日本に入ってきました。

しかし、正式な英語の教育が行われるようになるのは、明治維新後の明治20年代になってからでした。

以降、英語は日本の外交、ビジネス、教育などで重要な役割を果たすようになり、今日でも多くの日本人が英語を学習しています。

英語勉強
画像引用元:Adobe Stock

日本語のアルファベットと文字の起源とは。

「日本語のアルファベットと文字の起源とは」という問いに答えるために、日本人は伝統的な漢字に基づいて独自のスクリプトを開発し始めました。

そして、ひらがなは漢字の筆記体の省略形として生まれ、主に漢字の研究から除外された女性によって使用されました。

一方、カタカナは外来語を書くために使用され、英語を話す人が日本語を学ぶのは非常に難しい場合があります。

漢字が導入される前は、日本語の書記体系は存在しませんでした。

文字を採用するとき、日本人は伝統的に、漢字は六書六書として知られる6つのカテゴリーに分類されます。

これらの要素が日本語のアルファベットと文字の起源となっています。

英語が日本で人気の理由とは。

英語が日本で人気の理由はたくさんあります。

まずは、グローバル化の進展による外国語への需要が高まったことが挙げられます。

世界中の人々とコミュニケーションを取るために、英語は必要不可欠な言語となりました。

また、英語を学ぶことで、多くの扉が開かれます。

海外旅行や留学、国際的なビジネスなど、様々な場面で役立ちます。

さらに、英語を学ぶことは、自己成長にもつながります。

語彙力やコミュニケーション力が身につくため、自信もついてきます。

以上のような理由から、英語は日本で非常に人気がある言語となっています。

こちらも参考にしてくださいませ。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

カツのアバター

カツ

サイト運営者のカツです。私は2017年9月からフリーランスとして活動しています。主に、Webサイト制作やデザインのお仕事などを行っています。

目次