イギリス英語とアメリカ英語の違いとは?歴史から見る面白い背景

イギリス英語とアメリカ英語の違い

イギリス英語とアメリカ英語は、同じ言語であっても、全く異なるものです。

どちらも実際に使われている言語でありますが、文化的、歴史的な要因がそれぞれに影響を及ぼしています。

この記事では、イギリス英語とアメリカ英語の違いに焦点を当て、歴史的背景も紹介します。

実際に知ってみると、「へー」と言いたくなるような、面白い内容もあるかも!?

目次

イギリス英語とアメリカ英語の基本的な違いとは?

イギリス英語とアメリカ英語は、スペル、発音、文法、単語の面で異なっています。

スペルにおいては、例えば「colour」(イギリス英語)と「color」(アメリカ英語)、「centre」(イギリス英語)と「center」(アメリカ英語)など、綴りが異なる単語があります。

また、発音においてもアクセントの差や発音される音が異なる場合があります。

文法に関しては、例えば「I have got a car」(イギリス英語)と「I have a car」(アメリカ英語)のように、同じ意味を持つ表現でも細かいニュアンスの違いがある場合があります。

単語に関しても、例えば「lorry」(イギリス英語)と「truck」(アメリカ英語)、「flat」(イギリス英語)と「apartment」(アメリカ英語)など、同じ意味を持つ単語でも異なる場合があります。

これらの違いは、イギリス英語とアメリカ英語の歴史的な背景に起因しています。

イギリス英語とアメリカ英語の違い
画像引用元:Adobe Stock

発音の違いについて

イギリス英語とアメリカ英語の発音の違いはよく知られています。

アメリカ英語はスペルとは異なる音で発音する場合が多く、Rの発音に強く特徴があります。

一方、イギリス英語はスペルに忠実に発音されることが多く、Rが弱く発音される傾向があります。

発音の違いは英語圏の人々にとっても気になる点であり、そのため英語圏では正しい発音の学習が大切とされています。

綴りが同じでも発音が異なる単語の事例も多く、これらは混乱を招くこともありますが、それでも英語の進化の過程において、発音の変化は必然的なものであると言えるでしょう。

スペルの異なる単語の事例を探る

スペルの異なる単語の事例を探ると、アメリカ英語とイギリス英語の違いがより具体的に分かります。

例えば、アメリカ英語では”apartment”という言葉が一般的ですが、イギリス英語では”flat”と呼ばれます。

また、”baby buggy”はアメリカ英語で使われる言葉ですが、イギリス英語では”pushchair”という言葉が使われます。

綴りが異なるだけでなく、完全に別の単語になっていることもあります。

こうした小さな違いが生まれた背景には、歴史的・文化的な要因があることが興味深いですね。

こちらのレアジョブ英会話のブログでスペルの違いなどの例を見ることができますよ!

レアジョブ英会話:アメリカ英語とイギリス英語はココが異なる!両者の違いを徹底解説

綴りが同じでも発音が異なるケース

前述で、イギリス英語とアメリカ英語の発音の違いについて触れましたが、綴りが同じでも発音が異なる単語も存在します。

例えば、「read」という単語はイギリス英語では「リード」と発音されますが、アメリカ英語では「レッド」と発音されます。

また、「schedule」という単語もイギリス英語では「シェジュール」と発音されますが、アメリカ英語では「スケジュール」と発音されます。

このように、同じ単語でも地域によって異なる発音があるため、注意が必要です。

次では、アメリカ英語が広まっていく歴史について詳しく解説します。

アメリカ英語が広がっていく歴史

アメリカ英語が広がっていく歴史には、移民や植民地の拡大が大きく関係しています。

17世紀には、イギリスからアメリカに植民地が作られ、そこで話されていた英語が現在のアメリカ英語の基礎となっています。

また、19世紀には西部開拓が進み、アメリカ固有の単語や表現が出てきたことも、アメリカ英語が広がる上での大きな要因となりました。

今日では、アメリカ英語は世界的に広がり、多くの人々に使われています。

しかし、イギリス英語との違いは残り続けており、それぞれの地域で異なる英語が用いられ続けています。

開拓時代
画像引用元:Pixabay

イギリス英語から派生したアメリカ英語の特徴

イギリス英語から派生したアメリカ英語には、様々な特徴があります。

まず、アメリカ英語ではイギリス英語に比べて単語の省略が多く、短縮形をよく使います。

また、アメリカ英語はスラングがよく使われることでも知られています。

さらに、アメリカ英語には、イギリス英語とは異なるアクセントや発音の独特な特徴があります。

これは、アメリカ英語が、イギリスの入植者たちが持ち込んだ英語が、アメリカ独自の発展を遂げた結果生まれたものだからです。

イギリス英語とアメリカ英語の発音や表現方法など、異なる点は多いですが、両方の英語を使いこなせるようになることは、英語学習者にとっても役に立つでしょう。

今後の英語の進化におけるイギリス英語とアメリカ英語の役割

今後の英語の進化において、イギリス英語とアメリカ英語はどのような役割を果たすのでしょうか?

現在、アメリカ英語は世界的に広がっているため、将来的にはより多くの人々がアメリカ英語を学ぶことになるかもしれません。

しかしながら、イギリス英語も豊かな文化的背景を持ち、世界中で使用され続けています。

そこで、イギリス英語が持つ文化や歴史的背景を理解することは、英語をより深く理解する上で重要であると言えます。

そのため、イギリス英語とアメリカ英語の両方に触れ、それぞれの魅力を楽しみ、進化していく英語をより豊かなものにしていくことが大切です。

  • URLをコピーしました!

当記事に対してのコメントをご記載くださいませ!

当記事についてコメントをご自由にご記載ください!
いただいたコメントは運営者で確認・承認後に反映いたします。
誹謗中傷に繋がるような内容・その他不適切な内容と運営者の方で判断したコメントは削除させていただきます。

運営者の方で承認作業は行いますが、可能な限りユーザーの方のリアルな意見を掲載したいので、例えばある商品やサービスについて、デメリットや改善を促すようなコメントの場合は、そのまま掲載させていただく場合があります。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次