英語のかっこいい挨拶を15個ご紹介します。関係性や状況で使い分けよう!

英語のかっこいい挨拶を知ろう!

今回は、英語の挨拶のフレーズで「かっこいい!」と感じるフレーズをご紹介します。

目次

英語のかっこいい挨拶のフレーズ一覧

“Sup?” – 「どうだい?」

“Hey, what’s cracking?” – 「おい、どうしてんの?」

“How’s it going?” – 「調子はどうだい?」

“Alright mate?” – 「おい、元気かい?」

“What’s good?” – 「最近どうだい?」

“Yo, yo, yo!” – 「おい、おい、おい!」

“Hey there, sunshine.” – 「やあ、晴れた顔してるね」

“What’s the word?” – 「最新情報教えてくれよ」

“Good to see you, my friend.” – 「久しぶりだね、友よ」

“Hey, gorgeous/handsome.” – 「やあ、美人/イケメン」

“Hey, stranger!” – 久しぶりに会った人に使える挨拶で、親しみを表現します。

“What’s new?” – 最新の話題を聞くときに使われる挨拶です。

“Long time no see!” – 久しぶりに会った人に使える挨拶で、親しみやすさを示せます。

“What’s happening?” – 最近の情報を聞くときに使われる挨拶です。

“Howdy!” – 友好的な雰囲気を表現する挨拶で、アメリカ南部でよく使われます。

ご紹介した挨拶フレーズは、相手との関係性や状況に合わせて使い分けることが重要です。

カジュアルな友達との会話やリラックスした場で使われることが多いですが、フォーマルな場では不適切な場合がありますので注意が必要です。

挨拶
画像引用元:Adobe Stock

英語の別れの挨拶でかっこいいフレーズ

続いて別れの挨拶のかっこいいフレーズをご紹介します。

“Peace out!” – 「じゃあね!」

“Later, gator!” – 「またね、ワニさん!」

“Catch you on the flip side!” – 「また後でね!」

“Adios amigo/amiga!” – 「さようなら、友よ!」

“Until we meet again!” – 「また会う日まで!」

“Take care, my friend.” – 「気をつけてね、友よ。」

“Stay cool!” – 「カッコよくいてね!」

“Goodbye for now!” – 「しばらくの間、さようなら!」

“Farewell, my love.” – 「さようなら、愛しい人。」

“I’ll be back!” – 「また戻ってくるよ!」

ご紹介した挨拶フレーズは、友人や家族など親しい人たちとの別れや、カジュアルな場面で使われることが多いです。

まとめ

今回は英語のかっこいい挨拶のフレーズをご紹介しました。

日本語でもそうですが、かっこいい言い方はカジュアルな場面で使われることがほとんどです。

また相手との関係性も近いことが多いですね。

初対面の人やフォーマルな場面では使用しない方がいいこともあるので、その点は注意ですね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

カツのアバター

カツ

サイト運営者のカツです。私は2017年9月からフリーランスとして活動しています。主に、Webサイト制作やデザインのお仕事などを行っています。

目次