フリーランスになる前に知っておきたかったこと9選!フリーランスは覚悟も必要

今回は「フリーランスになる前に知っておきたかったこと」をご紹介します。

これからフリーランスになろうかな!?と考えている方のご参考になればと思います。

目次

収入が不安定であることを覚悟する必要がある

フリーランスは素晴らしい仕事だということは分かっているけれど、残念ながら収入が不安定であるということも事実です。

ですから、フリーランスを目指す人たちは、収入が安定しないことに対して準備をしなければいけません。

フリーランスは、不安定な収入でも生活が維持できるように、予め節約方法や収入源の多様化について考える必要があります。

収入に影響する要素に敏感になり、経済的な措置を講じることが大切です。

フリーランスは安定的な生活を維持するために、常に自らの収入源について考え、備えておくことを忘れないでください。

自己管理能力が求められる

フリーランスになると、仕事の内容や働く時間を自由に決められることがメリットですが、全ての管理が自己責任であるため、自己管理能力が求められます。

仕事を受ける前には、その職種で求められる技術力、自己管理能力、コミュニケーション能力、学習能力の4つが必要とされています。

フリーランスになるきっかけとして自由な働き方を求める人が多いですが、自己管理能力が高くなければフリーランスの仕事は向いていないかもしれません。

健康維持のためにも自己管理能力は重要なので、仕事とプライベートをバランスよく過ごせるように心がけましょう。

常に学習することが必要

フリーランスは、常に学び続けることが重要です。

自分自身でビジネスを運営するため、常に最新の技術やトレンドに対応する必要があるからです。

フリーランスは、独学やプログラミングスクールなどの専門サービスでスキルを磨いたり、実務経験から学んだ知識を積極的に吸収しています。

また、チャンスを逃さずビジネスを拡大させるために、常に自分自身のスキルやマーケットの流れを把握し、アップデートすることも大切です。

フリーランスは、リスキリングを行い、勉強習慣を身につけることで、急速に変化する技術の発展に追いついています。

フリーランスは、いつも自分自身の弱点を認識し、常に成長することを意識しています。

フレンドリーなトーンで述べると、フリーランスの学ぶ意欲は、自分自身でビジネスを運営するという強い意欲から生まれています。

フリーランスは、常に新しいことを学ぶことで自分自身の価値を高め、ビジネスと生活の質を向上させています。

勉強する男性
画像引用元:Adobe Stock

税金や社会保険料についての知識が必要

フリーランスになると、自分自身で納付しなければならない税金や社会保険料など、お金に関することに詳しくなければなりません。

これは、会社員として働いていたときとは異なります。

フリーランスとして活躍する場合、自分で確定申告をして所得税や住民税、社会保険料などを納める必要があることを知っておくことが重要です。

また、フリーランスの場合、社会保険や年金なども自分で支払わなければなりません。

社会保険料や年金の計算方法は、会社員とは異なることもあるので注意が必要です。

しかし、フリーランスには、保険料を抑える方法などもありますので、知識を身に付けることで効率的にお金を管理しましょう。

クライアントとのコミュニケーション能力が必要

フリーランスという立場上、クライアントとのコミュニケーション能力は非常に重要です。

フレンドリーなトーンで、的確な情報を伝えることが求められます。

クライアント側は、信頼できる人物との関係を築きたがっています。

コミュニケーション能力は、クライアントの期待に応え、良好な関係性を維持するためにも必要です。

フリーランスが、クライアントにとって「仕事がしやすい人」となるためには、適切なコミュニケーションスキルを備えることが必要です。

また、フリーランスが自分自身で案件を獲得するためにも、営業の場でのコミュニケーション能力が重要だと言えます。

フリーランスは自己管理が必要な立場ですが、クライアントとのコミュニケーション能力を磨くためには、トレーニングやマネジメントを通じて自己啓発をすることが求められます。

インハウスデザイナー
画像引用元:Adobe Stock

顧客獲得に時間がかかることを覚悟する必要

フリーランスとして仕事をするためには、顧客を獲得することが非常に重要です。

しかし、新しい仕事を得るまでに時間がかかる場合があります。

それでも、フリーランスとして成功するためには、時間をかけて顧客を獲得することが必要です。

フリーランスは、自分自身でマーケティングを行い、自分のスキルや能力をアピールする必要があります。

また、他のフリーランスと競合するために、高品質の仕事を提供する必要があります。

フリーランスになるためには、スキルを身につけるだけでなく、時間をかけて顧客を獲得する覚悟も必要です。

リスク管理能力が求められる

フリーランスは、収入が不安定だったり、雑務が増えたり、自己管理の難しさに直面することが多いです。

そこで、リスクマネジメント能力は非常に重要です。

フリーランスには、自分自身がチーム全体のような広い視野を持ち、計画を立て、リスクを予測し、最善の策を考えることが求められます。

このスキルを磨くことで、クライアントからの信頼を獲得し、収益を増やすことができます。

フリーランスにとってリスクマネジメント能力を持つことは、自己管理能力と合わせ、成功につながる大切な要素の一つと言えます。

自分自身のブランディングが重要

フリーランスにとって、セルフブランディングは非常に重要な戦略のひとつです。

自分自身を商品としてとらえ、自己価値を高めることで、ビジネス成功に繋がります。

自分自身の方向性を自分で決めることができるフリーランスにとって、セルフブランディングはさらに重要になります。

長期戦においては、信頼感、優位性、独自性を意識したブランディング方法が求められます。

セルフブランディングは、新規で案件を受注したり、案件を継続したりするためにも不可欠です。

フリーランス・副業ワーカーのみなさんは、自身のパーソナルブランドに取り組んでいるでしょうか?

定期的に自分自身に問いかけ、常に自己像を見直すことで、ブランド力を強化することができます。

フリーランスの仕事は孤独なものであることを知る

フリーランスになると、一人での仕事が基本になるため、誰とも会わない日もあることに注意が必要です。

友人や同僚と話す機会が少なくなり、孤独感を感じることもあるかもしれません。

しかし、独立することには人間関係で悩むことが少なくなるメリットもあります。

また、自分に合った仕事を選択できるため、やりがいやモチベーションがアップすることもあります。

そのため、フリーランスは自己管理やメンタルケアにも力を入れる必要があります。

仕事に集中するために、コワーキングスペースやオフラインでのイベントに参加するなど、仲間とのコミュニケーションを大切にすることも重要です。

人間関係の不安や孤独感を感じたときは、ぜひ他のフリーランスとの交流を楽しみましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

フリーランスは外から見ると、「楽しそう!」「自由そう!」「稼げそう!」といった良いイメージしか見えてこないことが多いですが、結構精神的にきつい部分もあります。

特に「収入の不安定」が。

ここさえクリアできれば、フリーランスはとても良い働き方だと私は思います。

私自身フリーランスとしての収入が安定(毎月生活費以上の収入)するようになったのは、フリーランスになってから5年目です。

それまでは、30 ~ 40万稼げる月もあれば、無収入の月もありで、年間通して生活できるレベルというくらいだったので、アルバイトもしていました。

アルバイトがあったので、フリーランスとしての仕事が無収入の月でも、少しは生活費を稼げたのは精神的にとても楽になりましたね。

その為、フリーランスを目指す方は、フリーランスとアルバイトを併用する働き方でも良いのでは?と私は思います。

アルバイトだと拘束される時間が社員より短いので、その分フリーランスの仕事はできます。

アルバイトとフリーランスで結果、正社員よりも月収は良くなる!なんてことも多いです。

アルバイトは決して恥ずかしい雇用契約ではないので、あなたに合った働き方を目指してくださいね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

カツのアバター

カツ

サイト運営者のカツです。私は2017年9月からフリーランスとして活動しています。主に、Webサイト制作やデザインのお仕事などを行っています。

目次