「れいとうこのせかい」始めました。意外と知らない冷凍庫のこと

world of freezersれいとうこのせかい

2024年6月からケートエーアイのYoutubeチャンネルで「れいとうこのせかい」を始めました。

意外と知らない冷凍庫の中の出来事。いろいろ検証していくので、ご興味ある方はぜひご覧くださいませ!

目次

れいとうこのせかいを始めた理由

何か物を凍らす時ってありますよね?

「氷をつくるため」「保存するため」「冷凍食品やアイスが解けないようにするため」などなど

ずっと何気なく使っている冷凍庫。私はゼリーや果物も凍らして食べるのが好きでよく利用します。

しかし、ふと思いました。

あれ?冷凍庫ってよく使うけど、その中で起きていることって全然知らないな…

凍った。という結果しか知らない。

だから過程を知ろうと思って、「れいとうこのせかい」を始めました。

あなたの知らない世界は家にあった!?

あなたは海外・国内と旅行に行きますか?

行くとしたらなぜ行きますか?

いろいろな理由があるとは思いますが、その理由の1つにこれは無いですか?

「そこは知らない世界だから]

そう。知らない世界を見たい!体験したい!こういう理由があるから、人はそこに旅行するのだと思っています。

ただ実は家の中にも知らない世界があった。

ほとんどの家にあって、だけどほとんどの人が知らない世界。

それが「れいとうこのせかい」です。

冷凍庫って-18℃の世界なんです。

画像作成者:カツ

冷凍庫の適正温度

冷凍庫の適正温度は-18℃を目標値とするように定められています。
引用:電気冷蔵庫及び電気冷凍庫の JIS改正について

そのため、国内で販売されている多くの冷凍庫は「-18℃以下」に設定ができます。

※冷凍庫内の環境や冷凍庫自体の設定によっては、-18℃よりも高い温度の場合もあります。

ー18℃の理由

ー18度以下では、腐敗の原因となる細菌も活動できなくなり、また酸化や酵素反応などの品質劣化を抑制することができます。冷凍食品は低温で保管することで、保存料を使用せず、品質とおいしさを長期間保持できるのです。
引用:冷凍庫がいっぱいなので、冷凍食品を一時的にチルド室で保存してもいいですか?

食品を凍らすことがほとんどのため、健康に対する考えのもとの温度設定のようですね!

-18℃ってどういう世界

では-18℃の世界をもっとわかりやすくご紹介していきます!

冬の北海道並み!?

日本で寒い地域と言えばやっぱり北海道!その北海道では1月や2月だと氷点下15℃〜20℃以下になる場合も!?それくらいの気温になると天候次第では、空気中の水蒸気が凍る「ダイヤモンドダスト」になるくらい寒いです。
引用:−41℃(日本最低気温)一般社団法人 旭川観光コンベンション協会

ちなみに1月の北海道の平均気温は札幌で-3.6℃、旭川で-7.5℃くらいだそうです。

つまり、-18℃の世界って日本ではよっぽど条件が揃わない限り、現れない世界です。

北極の平均気温が-18℃!?

地球上の寒い場所の頂点、南極と北極。この中でも北極の平均気温が-18℃だそうです。ちなみに、南極は-50℃。なんてこった。
引用:南極と北極とは?

つまり、冷凍庫の中は北極の環境と同じということに。

手を数十秒入れておくだけでも「冷たくて痛い」と感じることもある冷凍庫。北極はこれが通常と考えると防寒着が無いと、身体が数分で危険な状態になるのは理解できます。

まとめ

冷凍庫の中はとても寒い場所。そこで何が起きているかを記録していきます。

「家の中にあって、唯一知らない世界」

れいとうこのせかいをお楽しみください。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

カツのアバター

カツ

サイト運営者のカツです。私は2017年9月からフリーランスとして活動しています。主に、Webサイト制作やデザインのお仕事などを行っています。

目次