RYT200とは?RYT500との違いは?ヨガアライアンスの資格の違いを知っておこう!

ヨガ

ヨガインストラクターを目指す方にはぜひとも知っておいてほしい知識のRYTとは?という内容。

今回は、RYT200とRYT500の違いについてご紹介します。

目次

RYTとは?

RYTとは「Registered Yoga Teacher」の略で、アメリカの非営利団体の全米ヨガアライアンス協会が、ヨガインストラクターの技術などのレベルを一定に保持する目的で作られたもので、世界70カ国で通用する国際的なヨガ資格です。

RYTを取得する場合は、全米ヨガアライアンスに認定校にて、育成講座を受講する必要があります。

このRYTを持っていることは、ヨガインストラクターとしての技術や知識を一通り知れるだけでなく、お客様からの信頼度上昇にも繋がります。

特に、日本国内ではなく海外(現地在住)や海外向け(オンライン)にヨガインストラクターをしたい方には、おススメのライセンスになっています。

ヨガインストラクター
画像引用元:Adobe Stock

RYT200とは

RYT200とは、世界的に認知度が高い資格になりヨガインストラクターの登竜門であるとされています。

RYT200の資格取得方法は、200時間の認定トレーニングを修了すると、全米ヨガアライアンス協会に申請することができ、その後にRYT200が認定される流れになります。

RYT200を取得するメリットは、ヨガに関する専門的な知識や技術を得ることができる点になります。

国際的に認知されている資格になるので、海外でヨガのインストラクターとして働きやすくなるといった点も魅力の部分です。

RYT500とは

RYT500は、全米ヨガアライアンス協会のRYT200の資格を取得した後にさらに300時間のカリキュラムを受講することで、資格を取得することができます。

人間性や知識・技術などさまざまなことを学ぶことができることから、RYT200に比べて難易度が高く、よりプロフェッショナルなヨガインストラクターを目指すことができます。

カリキュラムは必須200時間、選択100時間の二部構成となっています。RYT500認定トレーニングを修了すると、全米ヨガアライアンス協会にRYT500の申請をして、その後認定される流れになります。

全米ヨガアライアンス協会が認定している、RYT500の取得が可能なヨガスクールならどこでも取得を目指すことができます。

RYT500を取得するメリットは、RYT200よりもよりヨガの知識や技術を深めることができ、ヨガインストラクターとして、スキルアップをすることができる点になります。

まとめ

今回は、ヨガインストラクターを目指す人向けによく聞くRYTとは何かをご紹介いたしました。

RYTが無くてもヨガインストラクターにはなれますが、特にフリーランスでヨガインストラクターとして活動をしていく方には、必ず取っておいてほしい資格でもあります。

どこかに雇用契約を結ぶにしろ、フリーランスになるにしろ、資格が有無では会社側・お客様の信頼度はかなり変わってきますので。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次