野生のアオサギの巣はどこ?大阪市内なら天王寺動物園が巣かな

野生のアオサギの巣はどこ?大阪市内なら天王寺動物園?

街中の河川敷や川沿いでたまに見ることがある大きな鳥の「アオサギ」

アオサギ
画像撮影者:知人

このアオサギって野生はどこに巣があるのでしょうか。

目次

大阪市内ならアオサギの巣は天王寺動物園?

これは私が勝手に判断した内容ですが、大阪市内(特に天王寺動物園の近くから大正駅付近)にいる野生のアオサギは天王寺動物園に巣があるのでは?と思っています。

その巣の場所はこちら

画像作成者:カツ(GoogleMAPから作成)

天王寺動物園のホッキョクグマ舎の横に生えている木に何と野生のアオサギがたくさん巣を作っているのです!

実際に夕方頃にホッキョクグマ舎付近に行って上を見上げると、野生のアオサギが「ギャーギャー」鳴いているのがわかると思います!

天王寺動物園では飼育下にアオサギもいるのですが、野生のアオサギも天王寺動物園にいるという変わった状態になっています笑

アオサギの活動範囲

アオサギはコロニー(巣がある場所)から、餌場までの距離は30km離れていてもOKという鳥。そのため、私の予想どおり、大阪市内で日中見かけるアオサギは餌を調達している状態であり。

最終的にはこの天王寺動物園のコロニーに巣を作って暮らしているのではと考えています!


画像撮影者:知人

まとめ

今回は意外と知らない事実として、大阪市内の野生のアオサギの巣について紹介しました!

野生のアオサギの巣が動物園にあるのは、それはそれでなんか面白いです。

動物園はもしかしたら、野生の動物からしても住みやすい環境の場所なのかもしれませんね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

カツのアバター

カツ

サイト運営者のカツです。私は2017年9月からフリーランスとして活動しています。主に、Webサイト制作やデザインのお仕事などを行っています。

目次