Catchy(キャッチー)でライティングを自動化!料金や評判とは?使い方もご紹介します。

当ページのリンクには広告が含まれています。
Catchy

今回はCatchy(キャッチー)というAIライティングツールをご紹介します。

目次

Catchy(キャッチー)とは

Catchyは株式会社デジタルレシピが開発したAIライティングツールです。

GPT3という言語モデルを元に開発されたツールで、国内の企業が開発した為、完全日本語対応のAIライティングツールです。

無料プランでも使えますので、まずはログインして無料プランで体験してみることをおススメします!

\ 会員数30,000人突破!完全日本語対応で使える! /

私が思う国内最高のAIライティングツール!

Catchyの評判や料金

AIライティングとは、AI(人工知能)が自動的に文章を生成してくれるサービスになります。

Catchyの魅力はこの自動生成を、短文だけでなく、長文の記事を作成してくれるところにあります。

さらに記事作成だけではなく、「キャッチコピーを考えてくれたり」「Youtubeの企画を考えてくれたり」様々な機能が使えるAIライティングツールです。

Catchyの料金プラン

Catchy料金プラン

Catchyは無料プランでも使えますが、思う存分使いたい場合はProプランのご契約をおススメします。

各プランの大きな違いは、使用クレジットの数の差です。

このクレジットは1つの文章を生成すれば1クレジット消費なのですが、長文1,000文字前後の文章を作成する場合は、一気に4クレジット消費など、何をするかによって消費数が変わります。

無料プランでも10クレジットは毎月もらえますが、10クレジットだと満足いく記事作成は1カ月に1 ~ 2記事くらいしか作れないかなと思います。

ちなみに、この料金プランですが実は高くありません。むしろ、安い方です。

国内のAIライティングツールを見てみると、A社では一番高いプランで月額¥65,000という会社もありました。

Catchyは記事生成以外にも様々な機能が使えるうえ、日本語でのお問い合わせ対応もしていますので、費用対効果を考えると安い方です。

Catchyの文章構成

Catchyでは、タイトルを入れるだけで、見出しや記事の構成も一緒に生成してくれます。

リライトは必要だと思っておいた方が良いですが、少しの修正で記事として公開しても良いくらいのクオリティが出せます。

Catchyの登録から使い方

今回は登録の仕方から1つ記事生成をするまでをご紹介します。

Catchyの登録(ログイン)

Catchyの公式サイトへ

ログインを押します。

ログインはGmailでログインすると簡単です!

ログインするとCatchyのダッシュボードが開きます。

右上のクレジットが使用できるクレジット数です。無料プランだと10クレジット分になっていますね!

Catchyで記事生成

生成ツールメニューを見てみると様々な機能が使えるのがわかりますね!

この中から記事の本文を選びます。

ちなみに、説明文の下の宝石みたいなマークはクレジットのことです。この記事の本文の場合は、クレジットを4つ消費するということが、この画面でわかりますね。

今回は【AIライティングツールの魅力とは?】というタイトルの記事を作ってみたいと思います。

※導入分野記事の見出しを入れた方がより精度の高い記事になりますが、今回はタイトルだけで作ってみたいとおもいます。

作成するをクリックすると

だいたい、10 ~ 20秒くらいで下記のような文章が出来上がりました。

AIライティングツールの魅力とは?

デジタル化が進む現代において、人工知能を活用したライティングツールの利用がますます広まっています。AIライティングツールは、私たちが文章コンテンツを作成する方法に革命をもたらし、ユーザーにフィードバックや提案を提供し、多くの場合、手作業よりも正確かつ迅速に行うことができます。しかし、こうしたAIライティングツールの魅力は何なのか、なぜこれほどまでに普及しているのでしょうか。今回は、AIライティングツールを使うメリットを探り、AIライティングツールが私たちの文章作成方法にどのような革命を起こしたのかを見ていきます。

AIライティングツールの種類

現在、市場にはさまざまな種類のAIライティングツールが存在します。文法や句読点の使い方が間違っている可能性を検出する文法・句読点チェッカー、文章中のスペルミスを検出するスペルチェッカー、文章中の個人情報を検出する剽窃チェッカー、代替語や文法の修正案をユーザーに提供する自動ライティングアシスタントなど、最も人気のあるタイプのツールがいくつかあります。これらのツールは、それぞれ特定の目的と機能を持ち、文章の正確さと質を向上させるために使用することができます。

AIライティングツールのメリット

AIライティングツールの使用には、いくつかの重要な利点があります。まず、驚くほど正確で、経験豊富なライターでも見逃してしまうようなミスを検出することができます。また、AIライティングツールは非常に高速で、即座にフィードバックや修正を行うことができるため、ライティングプロセスの速度を向上させることができます。さらに、AIライティングツールは、よくあるミスを特定するように設計されているため、ライターが時間をかけてより良いライティングスキルを身につけることができます。

書き方に革命を起こす

AIライティングツールの活用は、私たちの文章の書き方に革命的な効果をもたらしています。AIライティングツールのおかげで、より質の高いライティングコンテンツをわずかな時間で作成できるようになりました。さらに、AIライティングツールは、ストーリーから記事、ブログ記事まで、コンテンツ全体の作成に使われるようになりました。これにより、ユーザーはマウスとAIライティングツールを数回クリックするだけで、かつてないスピードでコンテンツを作成できるようになりました。

結論

AIライティングツールがますます普及していますが、その利点は明らかです。経験豊富なライターでも見落としてしまうようなミスを発見し、ユーザーに即座にフィードバックして修正してくれます。さらに、数年前には想像もできなかったようなスピードでコンテンツを作成することができるようになり、文章を作成する方法に革命を起こしています。

見出し、各内容、そして結論と記事の構成と内容がしっかりと作られました!

以上で記事生成は終わりです。このクオリティを十数秒で作れるというのが、Catchyの魅力ですね。

クレジットを見てみると4クレジット引かれてもいます。

Catchyのデメリット

ここまではCatchyの使い方と魅力(メリット)をご紹介しましたが、最後にデメリットもご紹介します。

私が思うデメリットは下記かなと。

・無料プランだと出来ることが限られている。

・リライトやコピペチェックは自分で改めてしないといけない。

デメリットで上記をあげましたが、正直これはどのAIライティングツールを使っても同じかなと。

特にリライトやコピペチェックは、人間のライターに依頼だとしても業務委託だったりクラウドソーシングでの依頼の場合は、しないといけません。

その為、Catchyに限ったデメリットらしいデメリットはあまり無いかと思います。

Catchyについてのよくある質問もご参考にしてくださいませ。

まとめ

今回はAIライティングツールのおススメ、Catchyをご紹介しました。

記事の自動生成で作業効率化をしたい方はぜひCatchyを使ってみてくださいませ。

\ 会員数30,000人突破!完全日本語対応で使える! /

私が思う国内最高のAIライティングツール!

  • URLをコピーしました!
目次